激やせサプリの効果と危険性~トラブルに合ったらクーリングオフを!

Published / by pyo / Leave a Comment

勝手にライバルをつくってその人に負けないように痩せる努力を続けたらきれいに痩せられましたよ~。ライバルに最適な人を見つけてその人に負けない身体になるためにできることは何でもしました。

ライバルのお腹が痩せてきたと思えば私も腹筋を鍛え、脚が細くなってきたように感じたら私も脚を集中的に鍛えるというように、その人にライバル視していることを悟られないように気をつけながら痩せる努力をしました。誰だって勝手にライバル意識を持たれるのは良い気分じゃないですからね・・・。

ライバルに負けないように激やせサプリを飲んでダイエット!

ライバルだなんてまったく思っていない顔をして、心の中でだけライバルとして見ていたのでまったく気づかれませんでしたよ~。ライバルにされてどう感じるかは人それぞれですが、多くの人は勝手にライバルにされていれば気分が良くないはずです。

私はライバルがいた方が結果が出せる性格なんです。負けたくない気持ちが多分人よりちょっと強いんだと思います。負けず嫌いというよりもライバルができた途端に負けず嫌いになるという性格・・・だからダイエットもライバルをつくってその人を意識した方が結果が出るのです。

同じ年代で体格も私と似たような人をライバルにして、負けていると感じることがあればできるだけのことをしました。苦手な食事制限もしましたが、食事を減らすだけだと美容に悪いためサプリメントを摂ったり医薬品を摂ったり、ダイエットしながらも美容に良いことをしていました。

サプリメントはビタミン系を。医薬品は目や肩・腰に疲れを感じることがあったので摂取していました。食事制限は食欲が出ないときは食べないと決めて朝御飯を抜くことが多くありましたが、だからといってお昼御飯をたくさん食べるようなことはしませんでした。

夜御飯は早めにして夕方に食べ始め19時には夕飯が終わっているようにしましたよ~。夕飯を早く食べれば早く眠くなるので睡眠時間を延ばせて体調が整いやすくなります。ダイエット中はとにかく眠くなったので夕飯は早く食べると決め、片付けも早く済ませて22時頃布団に入ることも多かったですよ。

激やせサプリの選び方はダイエット専門家が監修を務める下記サイトが非常に参考になります。

激やせサプリ公式

3ヶ月ライバルを意識しながら自分なりにダイエットを続けたところ高校生の頃の体重46キロまで体重を減らすことができました。50キロ以上体重があったのだからかなり見た目が変わったと言われてやって良かったと思っています。またダイエットをする機会があればライバルから探そうと思っているところです。

運動が苦手な人でもヨガだったら苦手意識なく取り組めます。ヨガは始めから終わりまで強制されることがない運動なので、全てマイペースでできるから苦手意識なく取り組めるのです。だから運動で痩せることを目指すならまずヨガから始めることをおすすめします。

ヨガができるようになればできる運動が増えますから、まずヨガに取り組んで体型が変わるように頑張ってみるのです。頑張るといったってヨガなので頑張れるだけ頑張ればいいですよ。ヨガの良いところは無理をしないところ。ちょっと頑張ってみる程度、ちょっと汗をかくくらいでもいいのです。

私はヨガで身体を作ってから他の運動に手を出し、10年以上経った今も手を出した運動全て続いていますよ。ヨガは定番のハタヨガから入りアシュタンガヨガ、クイーンズヨガ、スクイーズヨガのクラスにも出ています。ハタヨガが1番ヨガっぽいですが、いろんな流派がヨガにもありますのでいろいろ挑戦して好きなものを見つけられるといいですね。

好きなヨガであれば一生続くこともありますよ。実際私が参加するヨガクラスには80代の女性70代の男性がいます。自分のペースを守りながらも軽く汗が出るくらいまで頑張って年齢に負けない身体を作っています。

ヨガを始めてヨガでダイエットができることが分かったのが3ヶ月経った頃でした。それまではヨガだけで痩せるなんて無理だと決めつけていましたが、インストラクターに姿勢を直されたりポーズを直されたりしているうちに痩せてきて、半年経った頃には理想の体重になっていました。もちろん今でもヨガを続けているのでダイエットにつきもののリバウンドはありませんよ。

ヨガで身体を作ってからもっと痩せたいとダンスを始めました。その前にエアロビクスに挑戦したんですが、たしかに汗は出ましたが同じ動きの繰り返しで面白みに欠けて・・・。同じ動きでもノリのいい音楽にノって動けば楽しいかな~と思って続けていましたがやっぱり同じ動きの繰り返しは飽きます。

激やせサプリを飲むことでダイエットを成功へと近づけることは可能ですが、注意をしておくことも非常に重要です。

中国製ダイエット用健康食品(未承認医薬品)に関する調査結果|厚生労働省

上記のように、中国やタイなど海外のダイエット食品がトラブルを引き起こした事例は少なくはありません。

そこでダンスに変更したところここからまた体重が減ることになりました。今まで使ったことがない場所を動かすから汗が出て体温が上がります。ダンスのクラスは45分が多くそれだけの時間動き続ければ誰だって痩せます。代謝が悪く汗がなかなか出ない私だって汗が止らなくなるのだから、ダンスに興味があるうちは続けるつもりです。

ヨガとダンスで中高年になってもきれいな身体でいたいと思います。

ですが、やっぱり痩せるのなら激やせサプリを飲むのが間違いがないと思いました。

もし万が一悪質な激やせサプリに騙されてしまった際にはクーリングオフをしましょう!

グータラな私の3セット、動画と筋トレをとりあえず1か月毎日続けてみた結果

Published / by pyo / Leave a Comment

最近、YouTubeなどでエクササイズの動画を片っ端から再生している私です。

とにかく痩せたい、動かねばと思う反面、動画を漁りながら
「これは動きが激しい、却下」
「動きが難しそうだな、却下」

などど上から目線で次々と評価を下し、わがまま裁判官から許可をもらった動画はひとつだけ、動きもリズムもゆるめの動画。
その動画の詳細を読んだところ、

「5分でOK、1日3セットで痩せる!」
なんて甘い言葉が。もちろんうまく乗っけられいざ開始。

5分後、くたくたの私。当たり前ですがやはり動画で見るのと動くのでは全然違うんだなと再確認しました。
でも待てよ、と。

これできつかったのなら、先ほど却下してきた動画ではもしかしたら私、死んで・・・?

というのは冗談で、私にはこれしかないという意気込みで2週間続けました。

最初にくたくたになったとき、専業であまり動かず、外出嫌いな完全インドア派が祟ってしばらく筋肉痛に。

痛くて動けない!というわけではなく、寝っ転がっておせんべいを食べようと伸ばした腕が少し違和感、
これまた寝ながら毛布を引き寄せた足に違和感、とその程度。

筋肉痛なんて久しぶり、むしろこんな五分で筋肉痛になるなんて、私の体の衰えがやばいのか、この動画が優秀なのかと考えたり。

ここまで読んでくださった方ならお分かりでしょうが、めんどくさがりな私なのでもちろん1日3セットの掟を軽々と破ったりしていました。

というか忘れていたり・・・。

それでもなんだかんだ、1週間で動画を見ずとも動きを覚え筋肉痛も気にならなくなりました。

(最初は動きを覚えるために動きながら画面を見ていてかなりグダグダでした)

2週間もすれば毎日かかさず!というのはやはり私には無理でして、なにかのサイトで見た、

「人間は2週間同じことをし続ければ毎日やるようになる、習慣になる」

という言葉は嘘じゃないか!なんて思ったり(私がダメ人間なだけですね、すみません!)

こんなグータラな私でしたが、始めてから2週間後、鏡を見てみるとうーん?ほんの気持ち程度引き締まった・・・?

体重も焼肉をがっつり食べた翌日(本当に測るのが恐ろしかった)でも200gとかしか変化していなかったり、効果は出ていた感じはしました。

私でこれくらいの効果なので、毎日しっかり続けていた方なら2kgくらい痩せていたんじゃないでしょうか。

YouTubeなので無料、時間もわずか5分、時間を問わない!ダイエッターの皆さんに朗報です!

一緒にダイエット頑張りましょう!夏が顔をのぞかせていますよ、美しく半そでを着こなしたい!

素敵な夏を楽しみましょう。

 

自宅でできる簡単お気軽ダイエット

体重が70キロを過ぎたあたりから体の重さが気になるようになりました。

私のベスト体重は身長から換算して68キロがベストでした。ところが体重計に乗ってびっくり、体重計の針は76キロを指していました。

これは「ダイエットしなければならない」私の背中にはめらめらと炎が燃え上がってきていました。

ダイエットを決心した私でしたがどの方法で行うかで少し悩もいました。

健康的に運動で体重を落とすということ自体は決めていましたが、どういう運動が効果的なのかわかってなかったのです。いろいろと調べた結果、脂肪を燃焼させるには有酸素運動が効果的ということがわかりました。

有酸素運動の簡単なものはランニングです。

しかし同時に40分以上の有酸素運動をおこなわないと脂肪の燃焼が始まらないということも判明しました。

持久力のない私に40分以上のランニングは到底無理なのです。

しかも仕事から帰って食事等を済ませ外にランニングに出るなんて非常に難しいことです。さらに近所の目も恥ずかしいと感じた次第です。

そこで、どうにか室内でできる有酸素運動はないものかと探してみた。

すると踏み台昇降をお勧めするという記事を見つけることができました。

これだ。これなら室内でできるし道具も何もいらない。自宅の階段を使えばそれでいい。

ダイエットへの強い意思と簡単なダイエット方法を確立した私は、さっそく踏み台昇降ダイエットを始めました。

方法は簡単。単純に自宅の階段の1段目を上り下りするだけです。

ただしテンポを変えず同じリズムで上り下りを繰り返すのです。目の前に時計を置いて、最低でも40分以上を目標に毎日踏み台昇降を繰り返しました。

40分を過ぎたあたりから汗がしたたり落ち、その汗の量に私はダイエットの成功の確証を得たのです。

ところが、1週間ほどして体重計に乗ってショックを受けたました。ほとんど変化がありませんでした。この1週間の努力はいったい何だったのか。

そこでまたいろいろと調べました。すると運動のし始めはエネルギーが消費され、エネルギーの消費が済んで初めて脂肪の燃焼が始まるということがわかりました。

つまり、ここ1週間の40分程度の踏み台昇降運動ではエネルギーの消費はできても脂肪の燃焼までは届かなかったのです。

さらにエネルギー消費には筋トレが効果的ということもわかりました。

そこで翌週から運動の方法を変えてみました。

階段昇降の前に筋トレをすることにしました。腕立て20回、腹筋20回を2セット行い、それから40分の階段踏み台昇降を行ってみました。

なるほど筋トレで既にエネルギー消費が済んでいるので、踏み台昇降を10分もすると、もう汗がにじみ出てきます。

階段昇降だけの運動より事前に筋トレを取り入れた運動の方が脂肪燃焼の効果があることを体で実感した気分でした。

体を休めることも必要との情報も得て、週に3日~4日の筋トレと階段踏み台昇降を続けてみました。

1か月後、体重計に乗ってびっくりです。

目標68キロでしたが、目標を上回る65キロまで体重が減っていました。脂肪が取れお腹のシックスパックも微かに見える感じです。

簡単で何の用意もいらずに手軽に自宅でできる階段踏み台昇降ダイエット。この夏に向けて是非お試し下さい。

 

運動しても太っていた私の痩せた原点は歌うことだった

Published / by pyo / Leave a Comment

子供の頃から肥満児でしたが、小学校頃はプールを週2回、バスケットを週5回通っていました。

それでも肥満児だったので、どれだけ昔からよく食べていたのかと、我ながら今は呆れてしまいます。

中学校になり、プールもバスケも辞めたにも関わらず食欲を変わらなかったので一気に太ってしまいました。

まだ中学生に膝が痛く、太ももは内側どうしがぶつかり擦れて真っ赤になることが日常茶飯事でした。

そこから、歌を習いはじめました。

歌の強弱、長さを自由にコントロールしなければならないので、腹筋と背筋をかなり鍛えました。何曲も歌いきる持久力も必要なのでランニングもしました。

プールとバスケットをやっていたので体の使い方や負荷のかけ方などは、教わらなくても分かっていました。

姿勢よく、おへその下の丹田を意識し腹筋に力を入れ、体全体で歌います。

食事も年頃になり、少し落ち着いてきたのでみるみる痩せていきました。

結果、58キロの体重が歌を歌っているだけで、47キロまで痩せました。

今もリバウンドすることなく、体重をキープしています。

ただ、最近は結婚して学生の頃のように歌を歌う場所がないので筋肉が脂肪に変わり体型がだらしなくなってきています。体重よりも、綺麗で健康な体作りがしたいと思い、また歌を歌いはじめました。

と、言っても昔のように音楽室はないので声は抑えめで。その声のボリュームを落とすことで腹筋に力が入ることに気づきました。

姿勢を正し、丹田を意識する、頭は天井、足元は床にしっかりついているイメージにすると、自然と腹筋と背筋に力が入り立っているだけでも代謝がよくなります。

歌うときに腹式呼吸を意識できれば、なおカロリー消費につながります。

歌わなくなってから、顎のたるみが気になりはじめました。

気になりはじめて、初めて歌をうたっていたから顔の筋肉がちゃんと使われていたんだなと実感しました。なので、今は大げさに口を動かし顔の筋肉を取り戻そうとしています。毎日、家事をしながら家で歌っています。

はじめて3週間が経ちますが、明らかにお腹が変わりました。

少し前までは、ぽっこりしていたお腹も今はだいぶマシになり腹筋がうっすら見えてきました。ただ、背筋が追いついてないみたいで腰が痛いです。無理せず、引き締まったウエストを取り戻したい。

これからも一生、付き合っていかなければいけない私の体。

人に自慢できるまでにはならなくても、好きな洋服を着こなせて、主人にも呆れられないような体にしていきたいです。

簡単にできる私が実践したストレスをためずにダイエット方法。

Published / by pyo / Leave a Comment

私が実践したダイエット方法についてご紹介します。

朝や昼は通常通りに食べて問題ありません。間食をしても大丈夫ですが、なるべくフルーツやヨーグルトなどヘルシーなものを選んで食べるようにしていました。

ジュースなどを飲んでも問題ありませんが、水を意識的に飲むようにすると良いです。

夕飯がダイエットのポイントです。出来れば夜遅くの食事は避けたほうが良いですが、私は帰宅が仕事の関係上、遅くまでかかることが多く、夜10時を過ぎてから夕食を取ることも珍しくはありませんでした。夕飯の内容はまず炭水化物を避けます。

お肉を食べても良いですが、なるべく野菜中心の食事にします。スープなどはお腹も膨れますし、簡単に作ることが出来るのでお勧めです

。もし、どうしてもご飯を食べたいときには少量の玄米をよく噛んで食べるようにしていました。

そのような夜野菜中心の食事を続けたところ、朝でもぽっこりしていたお腹がすっきりしました。

また、便通もよくなりウエスト周りが細くなりました。お腹いっぱいに食べるよりも常に腹8分目を意識して食べるとさらに効果的だと思います。

私はお酒が好きなので、夜でもお酒は我慢せずに飲んでいました。

ストレスをためてダイエットするよりも好きなものは取り入れたほうが無理なくダイエットを続けられると思います。

また、食事だけでなく仕事終わりに週2回はヨガに通いました。

ヨガをすることで特に腰回りに効果がでたことはもちろん、精神的に余裕を感じられるようになりました。

ヨガレッスンがないときにも自宅で時間があるときに自主的にヨガを行うように心がけました。

急に激しい運動だと続けることが難しいかと思いますが、ヨガはそこまで激しい運動はないので、運動が苦手なかたにもお勧めできるダイエット方法だと思います。

私はオフィスワークなのですが、仕事中は座って仕事をしているときにお腹を意識して力を入れて座るようにしていました。最初はすぐに疲れてしまっていましたが、慣れていくうちに自然とお腹に力を入れて座れるようになりました。

お腹が引き締まったことはもちろん、程よく腹筋がついたように思います。

姿勢がよくなる効果もありますし、少し意識するだけで実践できるダイエット法なので是非ためして欲しいです。

ダイエットはストイックにやることも時には必要ですが、無理なく日常的に続けられる方法で実践することが成功のカギだと思います。

日常的に無理せず行うことで、ダイエット後によくあるリバウンドも防ぐことができます。

話題の夜トマトダイエット!結果は超痩せたけど、お腹壊しただけ?

Published / by pyo / Leave a Comment

好きな人ができた数年前の夏に『トマトダイエット』なるものを本屋さんで知り、なんでもやりたい、そしてなんでも『やりすぎる』私は、本屋さんの帰りにまずトマトを買い、行く先々でトマトを見つけたら買い、実家の近くの安い八百屋で、箱買いまでして夜トマトを沢山たべていたのです。

 

『夜トマトダイエット』の方法は、夜ご飯の前にトマトを食べるだけ、トマトでお腹も膨らむし、営養だってあるし、夜トマトダイエットは良い!と、そう書いてあった(はず)リコピンはお肌に良い、好きな人を振り向かせるにはピッタリだと思ったのです。

 

『夜トマトダイエット』を始めたころに異常に体が冷えたけれだ、そんなことはおかまいなく、食べまくっていました(食べまくったら本当はダメです)

痩せたいわたしには、体が冷えている原因がトマトだなんて発想さえなかったのです。

 

『夜トマトダイエット』を始め体重はみるみる減り、簡単に5キロ減りました。その時ずっと、腹痛が頻繁におき、夕飯を食べるとトイレの神様になる(トイレからなかなか帰ってこれないという意味)という現象がおきていました。

 

友達に『最近お腹の調子が悪いのよね』と相談したところ、爆笑しながら『トマト食べ過ぎじゃないの?』と。

 

わたしは、トマトを食べ過ぎていたことさえ、日常生活になりつつあったので『そーだ!わたしはトマトを食べすぎている!』と、ものすごく単純なことを知りました(笑)なんでも『やりすぎ』てはいけない。

 

『トマトを大量に食べろと書いてあったの?』いや、書いてなかった。

毎日どんぶり一杯にトマトを盛り食べていたので、それが原因ということに。。。

 

もう、痩せなくてもいい!ってくらい腹痛に悩まされていたので(笑)『そうか、トマト食べるのやめよう』と、その日から腹痛が治りました(笑)

普通なら食べ過ぎるとお腹壊すことくらい分かりそうであるけれど、痩せたい私には浮かばなかった。

 

やっぱり食べ過ぎていた。トマトは夏野菜だし体が冷える、冷えたトマトを冷えた体に大量に流し込めば、お腹が痛くなるのも当然だ。

友達に言われるまで気がつかなかったことが、自分的にすごい。

 

とにかく『夜トマトダイエット』は痩せた、すぐに痩せた。本当に痩せました。

お菓子もたべたし、運動もしなかったけれど、晩御飯前の空腹に、トマトを大量に毎日食べたら、痩せました。

 

本当に毎日悩むくらい、お腹が痛くて、晩御飯後には、毎日トイレの神様に!

皆さん『夜トマトダイエット』本当におすすめです!そのかわり食べ過ぎないで!ちゃんとご飯もたべましょう。

 

身近なものでダイエットできる!階段を使ってダイエットしてみた

Published / by pyo / Leave a Comment

高層マンションに住んでいる方や、オフィスが高層ビル内にある人が毎日利用するものといえばエレベーターですよね。

しかし、エレベーターを使うというのは折角のダイエットのチャンスを逃していることになるのです。

そうは言ってもあまりにも高い階に住んでいたり、高い階のオフィスだったりするとエレベーターを使わざるを得ないという気持ちもわかります。それならば「○階分だけ歩く」といったルールを作ってみてはどうでしょうか。

階段の昇り降りというのは足腰を鍛える上でもとても良いですし、若いうちからそういう癖をつけておくことで老後になっても骨が丈夫でいつまでも若々しくいられるのです。

最初は3階とか自分の出来る範囲で階段を使い、だんだん慣れてきたら10階以上まで挑戦してみても良いでしょう。

足腰を鍛えるとダイエット以外にも良いことが多いです。

例えば立ち仕事などを毎日している人は、座り仕事をしている人よりも長時間立っていても疲れにくいです。

これと同じで階段を毎日昇り降りすると長時間立っていても疲れにくくなり、普段から歩くのも苦にならなくなります。

筋肉がつくと代謝が上がり、便秘などに悩んでいる方はお通じが良くなりポッコリお腹の改善にも繋がります。

基礎代謝が上がるとお肌にも良い影響があり、気がつくとお肌の調子が良くなっているなんてことも。毎日ただ階段を昇り降りしているだけでお肌まできれいになるなんて、嬉しいですよね。

お肌の調子が悪いという方は基礎代謝が下がっている状態なので、これを改善することは様々なメリットに繋がるのです。

しかし階段ダイエットをしたいけど、住んでいる階が低かったり職場が1階だったりするとなかなか階段ダイエットはできないかもしれません。そういう場合は少し遠回りになってもいいので、出かける際に階段のある場所を通るという方法もあります。

駐車場に車を停めた後にでも、階段のある場所をなるべく経由しながら移動をするなどの工夫で普段から足腰を鍛えることが可能です。(例:歩道橋や駅の階段など)

これは普段の生活でも同じで、身内が入院した場合なども毎回階段で病室まで行ったり、デパートのエスカレーターは使わず階段を使ったりといくらでも階段を利用できる場面はあるのです。

ただし、自分自身が病院に入院している場合や体調が悪いときなどは無理に階段を使わなないで下さいね。今日は調子がいい、健康だと自分で自信のある日にだけ階段ダイエットをすれば良いのです。

階段は街の中にいくらでもあるので、どこの階段を利用するか決めておくと外出する機会=ダイエットのチャンスになりますよ。

 

インナーマッスルを鍛え、体のゆがみを直すダイエット法

Published / by pyo / Leave a Comment

先日テレビで『ダイエット・ヴィレッジ』という番組を見て、

私もダイエットしようとがぜんやる気になっています。

『ダイエット・ヴィレッジ』という番組では、8人で合計100キロやせるという目標があって、

8人のダイエットしたいメンバーが集まり、1ヵ月間ダイエットのための合宿をするのです。

見ていて「いいなぁ」とうらやましかったのは、メンバーたちはダイエットのプロ中のプロの先生方に指導してもらえること。

しかも、有名なモデルやアスリートも出てきて、励ましてもらえるんですよ。

絶対がんばろうっていう気持ちになりますよね。

食事もちゃんとダイエットを考慮したメニューが出てくるし、ああ、うらやましい。

私も『ダイエット・ヴィレッジ』に応募したいくらいです。

どんなトレーニングかというと、体幹トレーニング、水中トレーニング、ヒールをはいて美脚トレーニング、

あとは傘を使ったトレーニングとかありました。

なかでは、水中トレーニングは水の中だから、体に過度な負担がかからなくてよさそうでした。

とはいえ、プロの指導は厳しくて、どれも簡単にできるものではなく、メンバーたちは本当につらそうでした。

よほど「痩せたい」という思いが強くないと、折れてしまいそう。

でも仲間がいると、負けたくないライバル心もあるし、励まし合うこともできるし、

目標達成にはいいかもしれません。

しかし、仲間もいなけりゃ、プロのトレーナーも栄養士もいない私。

家で私が実践するとしたら、何がいいかな。

ヒールをはいての美脚トレーニングは、腰痛の私にはちょっと危険な気がしますし、

プールも遠いので、水中トレーニングは長続きしなさそう。

家で手軽にできるものって、やっぱり体幹トレーニングでしょうかね。

体幹トレーニングなら本もいっぱい出ていそうだし。

ということで、さっそく本屋さんに寄って、『第3のダイエット法』という本を購入してみました。

作者は「2年先まで予約あり」のカリスマトレーナー、中野ジェームス修一さん。

「第3の」っていうのは、筋トレや有酸素運動だけでは体重は落ちにくい、

まずは「体のゆがみ」を消して、効率的に痩せましょうっていうことだそうです。

ダイエットの一歩はまずはゆがみを直すところからから――と思うと、

ダイエットへの道が急に遠く思えてきました。

が、そこは気を取り直して、本を読み進めています。

体のゆがみを直すにはどうしたらいいか?

それは、インナーマッスルを鍛える事だそうです。

体幹エクソサイズでインナーマッスルを鍛えれば、

体のゆがみも直り、クビレのある素敵な体に変身するそうです。

なるほど、頑張ってみるか。

細くなりたいからマッチョになりたいと変わっていったダイエット

Published / by pyo / Leave a Comment

私は今ダイエットに挑戦中です、と言ってもこれが初めての挑戦と言うわけではなく2回目の挑戦になります。

最初の挑戦は何の予備的知識もなく人にアドバイスをもらうわけでもなくただ一人で黙々とランニングをするというダイエット方法でした。しかしそのような方法では効率的な効果を上げることはもちろんできませんでした。

と言うのも走れば走るほどお腹が空いてたくさんご飯を食べてしまう特に炭水化物をたくさん摂取してしまうという傾向が続きました。たん水化物は最も太りやすい食品ですからこれでは効率的に痩せられるわけがありません。

実際に走ってはだめ走ってはだめの繰り返してリバウンドも起こりなかなか痩せることができませんでした。そこで2回目の挑戦では下流でダイエットをするのではなくきちんとした知識を持ったアドバイザーに話を聞くことになりました。

そこで私はフィットネスジムに通いだし専門知識を持ったトレーナーに食事運動2つの方面からアドバイスとカリキュラムをたててもらうことにしました。

そこで初めて知ったのがただただランニングやるの有酸素運動しても効率が悪いということでした。

トレーナーが言うには効率的に脂肪を落としていくには基礎代謝を上げることが重要だと言うのです。

そこで基礎代謝を上げるために筋肉をつけることにしました。10種類以上ある筋力トレーニングマシン大きな部位の筋肉を鍛えることができる6つのマシンをチョイスしカリキュラムを組み、トレーニングを開始しました。

最初は筋肉が悲鳴を上げ連日筋肉痛になりまともに動ける状態でないほどに追い込まれました。

しかし、一ヶ月半ほど経ったぐらいからだんだんと慣れ始め少しずつ筋肉がついてきました。

筋肉がつくとさらに重量の負荷、回数を増やし、常に自分を追い込むということを目標にトレーニングを続けました。

そして私自身の価値観も変わっていきました。それはただ単に細い体になりたいという願望がなくなりより筋肉をつけより男らしいかっこいい体になりたいと思うようになりました。そしてトレーニング続けていくうちに筋肉質な体になり、食べ過ぎてしまった時期があってもリバウンドで体重が戻ることがあまりなくなりました。

基礎代謝が上がり脂肪を燃焼させやすい体になったことでリバウンドしにくくなったのです。

筋肉がつくことで体は重くなっていくので私が最初に思っていたより体重は大きく減りませんでしたが見た目の印象は大きく変わりました。 この結果に大変満足しています。

食前のサプリで食べたものを「なかったことに」できるわけない?

Published / by pyo / Leave a Comment

何年も前からよくドラッグストアのサプリメントコーナーで目にするものが幾つかありました。それは食前に何粒か飲んでおくことにより食べたものの栄養、とりわけ脂質や糖分をカットできる、と謳っているダイエット向けサプリです。

代表的なものは「カロリミット」や「飲んでオフカロ」、「なかったことに」などです。皆パッケージの裏を見てもキトサンやゲルマニウムなどの似たような原料が入っているので、似たり寄ったりなのでしょうね。初めて見かけたときから怪しいと思っていましたし、「そんなの本当に効果があるのなら皆飲んでいるはずじゃん」と思っていました。

ネットで色々と口コミを調べてみた結果、やはりお守りや気休め程度のものでしかない、と書いている人がほとんどでしたが、中には「痩せることはないけど体重維持には効果がある」と書いている人も結構いました。

その意味も曖昧ですけどね…今年になってから初めて自分で体験してみることにしたのです。何千円も無駄にする覚悟で、です。

一応総合的に一番知名度も評価も高かったのがカロリミットだったので、まずはそれを買ってみました。

オリジナルの緑のパッケージに入っているものの他にも後から出た「大人のカロリミット」という黒のパッケージのものも出ていますが、こちらは値段が更に高く、年齢もそれなりに上の人向けみたいなのでとりあえず元祖カロリミットを買ってみました。

毎回4粒ぐらい飲むように書いてありますが、いつ飲むようにとは特に書いてありません。これも曖昧なので怪しいのですよね。

とりあえず食事の前に飲むのが効果的だとネットに書いてあったので私もそうしました。

朝、昼、晩、食前に4粒飲み続けました。一袋30回分しか入っていないのですぐになくなります。数ヶ月試したので結構何千円もかかってしまいましたね。

 結果を言うと、運動とそれなりの食事の節制をしてきた私にとっては何の効果もありませんでした。

身体に見える変化も感じる変化もなしです。口コミには便通が良くなったと書いている人もいましたが私は全く変わりませんでした。最初からそれなりに健康な食生活と運動習慣を実行している人には大きな効果がないのかもしれませんね。

逆に凄まじくたくさん脂物や甘いものを食べ、運動を全くしていない人ならもう少し効果があったのかもしれない、などと考えましたが、それも実際は分かりませんね。

とりあえず簡単に手に入るダイエット向けのサプリはあまり信用しないことにしています。

これからも地道に食生活と運動で健康な身体を目指し続けることにします。

やはりダイエット中はタンパク質をしっかり取らないと健康に悪いかもしれない

Published / by pyo / Leave a Comment

私は去年からずっと食事制限をするダイエットをしています。

私は今まで色々な食事制限をするダイエットをしてきて、最近気づいたことがあります。

ダイエット中でもやはりタンパク質をしっかり取らないと、健康に悪いかもしれないと気づき始めました。

私は去年からずっと、生野菜や生のフルーツや生のナッツを食べるローフードダイエットというダイエット方法を実践してきています。

たまに煮たり焼いたりした野菜やローストしたナッツも食べることがあります。

それからお肉もたまに無性に食べたくなり、煮たり焼いたりした鶏肉のささみや皮なしの胸肉や牛肉の赤身肉を食べることもあります。

私は去年からずっと、毎日生野菜や生のフルーツや生のナッツを食べてきて体重が落ちてスタイルが良くなったのですが、何となく体が疲れやすくなったような気がしています。

体は細くなったのですが、腰とお尻が重たくなり少し体を動かしただけでも疲れるような気がするんです。

私は子供の頃は運動が好きで、いつも外で友達と走り回って遊んでいたのですが、最近は色々な悩みごとがあって精神的にあまり良くないという理由で、運動を全くしなくなりましたし運動をしようとも思えなくなってしまいました。

なので、最近外で少し走ると体が妙に重たく感じて、以前のように軽く走ることが出来なくなってしまいました。これはきっと、ローフードダイエットをして体全体の筋力が落ちてしまったからなんだろうな~と思っています。

やはり体全体の筋力が落ちてしまうと体を動かすのも辛くなりますし、ちょっと走っただけでもすぐに疲れてしまうものなんだと思います。

ローフードダイエットをしてから脚のむくみが無くなって脚が細くなったのですが、筋肉が無くて引き締まった綺麗な脚では無いので、私的には今行っているローフードダイエットは自分には合っていないのかな~と思ったりしています。

私が最近食べている食事のメニューは、メロンやスイカや白桃や葡萄や林檎やバナナやパイナップルなどの生のフルーツと、ブロッコリーや青紫蘇やミニトマトや人参や玉葱などの野菜で、たまに生のアーモンドを食べています。毎日生のフルーツや生の野菜や煮たり焼いたりした野菜ばかり食べているので、タンパク質が不足しているのだと思います。

生のアーモンドにはタンパク質が入っていますが、脂質が多いのでたまにしか食べないので、やはり私が最近食べている食事のメニューは、タンパク質が不足しているんだろうな~と思います。

なのでこれからはタンパク質をしっかりと取るために、ブロッコリーやほうれん草などの緑色の野菜を沢山食べるようにしたり、鶏肉のささみや皮なしの胸肉などのお肉ももう少し頻繁に食べるようにしようかな~と思っています。